スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おとぎ話。

2008.12.03 *Wed

今日は何だか穏やかに暖かく・・・
のほほんとしていたら、近所の紅葉が綺麗なのに心揺さぶられ、俄かに夕方から出掛けました。
 ・・・陽も傾き始めており焦りながら「これだ!」と言う所を求めて右往左往
 「きゃぁ~お日様っもうちょっと待って~Help me!」で、撮れたのがこれです。
以下、はるの勝手な想像力の賜物なので、適度にお聞き流しくださいね。

マリーちゃんには年の離れた憧れの人が居ます。
「先生」と呼んでいます。
キャンバスに向かう「先生」が、くるりと振り向く瞬間・・・
マリーちゃんはいつも心臓が止まりそうになります。
「Dieu!」
でもいつかは・・・
見上げた横顔の先生が、ふと自分の方を振り向いて・・・!
な~んていうシチュエーションで心臓が止まりそうになりたい(><)!と
密かに思っています。
(つまり、肩を並べて(欲を言えば手をつないでいて!)2人は歩いている訳です。)
内緒の話。
・・・実はこのお写真。その「先生」の机から拝借してきたものなんです。
三番目の引き出しの何故か買ってしまった「10年日記帳」の1/3辺りに挟まれています。
お気に入りのコートのボタンが取れてしまった時・・・
絵の具のチューブを使い切ったら、何だか無性に切なくなってしまった時・・・
家を出て行った息子に、今日こそは電話をしよう!と思っていたのにまた出来なかった時・・・
「先生」はそっと日記を開きます。
マリー女史の髪色は見ているだけで元気が出るんだよ。
なんて仰っていますが・・・
Seulement Dieu sait la vérité.

06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
Copyright © ハルシオン旅行会社 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: bee
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。