This Category : 宝塚歌劇団

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

盛って。観て。泣いて。

2010.04.08 *Thu
カズンオリヴィア
 一日中、オリヴィアちゃんとデジイチを持って歩いておりましたが、生憎の天候・・・桜フォトならず・・・
おめかしてして出たのにね
と言うことで、夜はお部屋で・・・華やかに・・・
カズンオリヴィア
盛ってみました。笑
久し振りにこのウィッグを出して参りましたが、やはり華やかでイイですね
カズンオリヴィア
 雪組さん観劇の帰り道に、ユニクロさんに寄りました。
Paul&Joeさんは、まだ種類もサイズもございました。迷って迷って・・・Paul&Joeさんのメインイメージのお花柄を。
猫ちゃんがらもインパクト大で可愛かったです。
 さて。「アリス・イン・ワンダーランド」さんは・・・と申しますと、Tシャツは既にチェシャ猫柄が完売・・・このグレーの柄も残り僅かでございました。
 先着で頂けるミラーは、無事にGetでございます。ほっ
剣とクロスのシックな柄が出ました♪かっこいい~でございます
UT×Paul&Joe&Alice in Wonderland
スポンサーサイト

ハプスブルクの宝剣。

2010.02.20 *Sat
アイスルネ
 二階席でした。

ハプスブルクの宝剣
星組公演
ミュージカル
『ハプスブルクの宝剣 -魂に宿る光-』
~藤本ひとみ作「ハプスブルクの宝剣」(文藝春秋刊)より~


脚本・演出/植田景子
[解 説]
18世紀前半、ユダヤ社会を捨て、自らの生きる場所を探し求めた野心あふれる青年・エドゥアルト。彼の波乱に満ちた生涯を描いた同名小説から着想を得た新作ミュージカル。
マリア・テレジアとの愛憎、主君フランツ1世との友情を通して、戦乱の世を駆け抜けていく姿をダイナミックに描きます。

(※原作 「ハプスブルクの宝剣」藤本ひとみ/著
出版社/著者からの内容紹介
女王マリア・テレジアとハプスブルク家を支える隻眼の青年は、武勇と知謀を尽くして、疾風怒濤のヨーロッパ戦国時代を駆け抜ける。
内容(「BOOK」データベースより)
18世紀前半のヨーロッパ戦国時代を駆け抜けた隻眼の風雲児エドゥアルト(エリヤーフー・ロートシルト)の波瀾に満ちた生涯。ユダヤ人ゲットーをのがれ、戦乱の渦中に身を投じ、ハプスブルク家マリア・テレジアとの恋の確執のなかで、たび重なる挫折を繰り返しながら、主君フランツとの友情を奉じつつ成長してゆく姿を描く。)


グラン・ファンタジー
『BOLERO』-ある愛-

作・演出/草野旦
[解 説]
 ボレロは、四分の三拍子のスペインの舞曲で、日本人にとても好まれる曲想です。そんなボレロの持つ甘さ、神秘性、迫力、情熱に乗せて、一組の男女の愛が幻想的に描かれるショー作品。ボレロの他にも多様な音楽を使用し、クラシックな美術を基調にした格調のある場面、荒々しいアフリカの原始的イメージを表現した場面など、多彩な魅力が明るく激しく美しく展開します。

※宝塚歌劇HPより解説お借り致しました。

入り口にはこの季節恒例のお雛様が。
東京宝塚劇場

 観劇の感想はたたみます。

the Mad Hatter

2009.09.07 *Mon
1_20090907013218.jpg
 毎日、しつこく野薔薇ちゃんで恐縮でございます

↑アリスの帽子屋さんを思い浮かべてしまいました・・・(お帽子を被っているだけなのですが※いかれ帽子屋さんはシルクハット。)
アリスと申しますと、現在放映中のハーゲンダッツ「ドルチェ」のCM「めくるめくスイートポテト編」がアリスですね~
黒猫めくるめくスイートポテト編CM


眠気に襲われ中です・・・
この眠気は何々なのでしょうか・・・
うむぅ・・・

9月10日。
img_top_back.jpg
※お写真は公式HPさんからお借り致しました。

 安蘭けいちゃんの退団後初主演となる「AIDA」の観劇に参ります。

 現役だった頃のAIDA(星組公演「王家に捧ぐ歌」)も観劇したことがあるのですが、退団後はそこからどのように変わられたのか・・・とても楽しみです。何より、またとうこちゃん(安蘭けい)の歌声とお芝居を拝見できるのが嬉しいです(*'ー'*)♪
 「王家に捧ぐ歌」の頃は、「金麦」や「武士の一分」で有名なだんちゃん(壇れい)も現役娘役トップだったのですよね・・・懐かしいです。

涙で前が見えません…

2009.06.25 *Thu
20090625131412
お席に着きました。
宙組さんの公演に来ております。
宙組さん男役トップの大和悠河さんと出会って始まった宝塚観劇。今回の公演で退団されるので、はるの宝塚も暫し卒業です。
既に泣いてます…胸が痛いです。

涙の理由と・・・

2009.04.05 *Sun
 今日は(もう昨日)とうこちゃん(安蘭けい)のサヨナラ公演を観劇して参りました。
そのお話は、長くなるので畳みます。

 お供はドロンジョさま。
日中は汗ばむくらいでした。
ちょっとそんなイメージで

 ホリディさんのサンプルちゃん。拝見して参りました。
やはり、スタダンちゃんよりは濃いです。店内にスタダンちゃんがいなかったので、比べることは出来ませんでしたが、恐らく。
 スタダンちゃんは、ピンクのリップ等々、外乙女チックなメイクなのですね~。ホリディちゃんとは、そこも違いますよね・・・。上手く申し上げられませんが、「ロコガール!」って呼びたくなるようなお嬢さまです。イケイケ?(死語
 日焼け度で行くと、ヘザー>ロキシー>ホリディ>スタダンです。(※ヘザーとロキシーは店内に隣同士で居たので間違いないかと思います。)
 ショーウインドーは、前回と特に大きな変化はなかったと思います。
相変わらず、キュークリちゃんが貞子ちっくのまま・・・だったのが気になりましたが

08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Copyright © ハルシオン旅行会社 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: bee
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。